【カーテンの種類】ロールスクリーンの特徴とメリット・デメリット


スポンサーサイト


   
rs5042-1

ロールスクリーンとは、ローラパイプにスクリーン用加工の生地をくるくる巻きつけて上下する窓掛けです。

その操作方法によって、チェーン式プルコード式のなどのタイプに分けることができます。

チェーンを引いて上げ下げするチェーン式のロールスクリーンは、立ったままで操作するので、

手の届きにくい位置にある窓にもおすすめです。また、耐久性にもすぐれています。

 

プルコード式はロールスクリーンの下部中央のプルを引っ張ると、バネの力で上がるしくみです。

そのため設置の場合は巻き上がりの最上部に手が届くか確認することが大切です。

 

ロールスクリーンは開閉が上下なので、上からの日差しや視線を防ぐのに向いています。

またカーテンのようなひだが無く、開けたときにも左右のたまりが無いので

フラットで見た目がすっきりとした仕上がりとなります。

 

全体的に直線的なラインが特徴で、カジュアルやシンプル、スタイリッシュなどのインテリアへのコーディネートがお勧めです。

和風スタイルにも合わせることができます。

 

デメリットは最大、最小のサイズが決まっているということ。

ロールスクリーンは生地をつないでスクリーンの幅を広くすることができません。

また、細長い形の窓の場合、巻き上げがきれいにできないので、サイズがない場合があります。

さらにロールスクリーンは平面的で生地の質感上どうしても安っぽい印象があります。

クラシカルなお部屋には不向きかもしれません。

 

ロールスクリーンはわざわざレールを付けてカーテンを取り付けるほどではないかな

という窓に付けるのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. IKEAカーテン
    家具や雑貨で大人気のIKEA(イケア) スウェーデン発祥の巨大インテリア専門店です。 インテ…
  2. ikea
    IKEA(イケア)のオーダーカーテンって評判良い? スウェーデン発の世界的企業IKEA。 小…
  3. カーテンバリュー
    通販でお勧めのカーテンバリューの口コミと評判は? カーテンを通販で購入するならおすすめはカーテ…
  4. カーテン 選び方
    沢山カーテンがありすぎて選べない・・・・そんな際は 膨大な数があるカーテンを選ぶ際、まずは理想…
  5. ニトリ
    新生活に欠かせないカーテン。 お引越し時には絶対にないと困るアイテムがカーテンです。 と…
  6. FV166_L
    今までで何回カーテンを購入したことがありますか? カーテンの平均単価はご存じですか? …
  7. rale
    新築一戸建ての場合、カーテンだけを選んでも取り付けることはできません。 当たり前のことですが、カー…
  8. tategata
    今、縦型ブラインドが大流行です。 以前は業務用としてオフィスなどで使用されることが多かったバーチカ…

最近の投稿

ページ上部へ戻る