【カーテンの選び方】ウッドブラインドの特徴と気になるメリットとデメリット


スポンサーサイト


   
nc-bus-50-1

ブラインドの目的は外からの視線と、太陽光を調節することです。

一概にブラインドといっても様々種類はありますが、なかでもウッドブラインドは、

スラットと呼ばれる羽の部分が木製のブラインドです。

アルミ製では感じられない、自然な木のぬくもりが感じられ、ナチュラルなインテリアにぴったりです。

北欧インテリアブームも手伝っていまウッドブラインドの人気が高まっています。

木製スラットにはいくつかの幅が選択できるようになっていて、

小さな窓に使ったり、繊細な雰囲気をアピールしたいときは細めのスラットにして

どっしりとした重みをアピールしたいときは太めというように、スラットの幅によって、

違った印象の室内を演出することができます。

ウッドブラインドはアルミ製のブラインドと比較して、

静電気がおきにくいのでホコリが溜まりにくいというメリットがあります。

また、木は熱伝導性が低いので、金属製と違って、猛暑の日ざしでもブラインド自体が温まりにくくなっています。

ウッドブラインドの魅力はその実用性だけではなく、設置するだけでお部屋のお洒落度もアップさせてくれます。

和室とのコーディネートもぴったりです。

デメリットは、木という材質上、どうしても重さがあることです。

そのため、開け閉めが頻繁なところにはあまりおすすめではありません。

ウッドブラインドは上に巻き上げたときにボリュームが出てしまうので開け閉めするよりも、

スラットを動かして採光の調節をメインにした使い方をする窓に選ぶのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. IKEAカーテン
    家具や雑貨で大人気のIKEA(イケア) スウェーデン発祥の巨大インテリア専門店です。 インテ…
  2. ikea
    IKEA(イケア)のオーダーカーテンって評判良い? スウェーデン発の世界的企業IKEA。 小…
  3. カーテンバリュー
    通販でお勧めのカーテンバリューの口コミと評判は? カーテンを通販で購入するならおすすめはカーテ…
  4. カーテン 選び方
    沢山カーテンがありすぎて選べない・・・・そんな際は 膨大な数があるカーテンを選ぶ際、まずは理想…
  5. ニトリ
    新生活に欠かせないカーテン。 お引越し時には絶対にないと困るアイテムがカーテンです。 と…
  6. FV166_L
    今までで何回カーテンを購入したことがありますか? カーテンの平均単価はご存じですか? …
  7. rale
    新築一戸建ての場合、カーテンだけを選んでも取り付けることはできません。 当たり前のことですが、カー…
  8. tategata
    今、縦型ブラインドが大流行です。 以前は業務用としてオフィスなどで使用されることが多かったバーチカ…

最近の投稿

ページ上部へ戻る