カーテンの種類☆プレーンシェードの特徴とメリット・デメリット


スポンサーサイト


   
shadeimage

プレーンシェードは、生地を上下に動かすことによって、開閉するローマンシェードの中で最も一般的なタイプです。

 

閉めた時は、フラットな一枚布の状態で、開けたときは横にひだをとりながら

規則正しくたたまれるシンプルなスタイルが特徴です。

 

小窓から、吐き出し窓、出窓など、大きさにとらわれない、様々なタイプの窓に使用できるオールマイティー。

またそのすっきりとしたデザインは、どんなインテリアにも合わせてコーディネートできます。

レース地からドレープ地まで幅広い生地を使用できるのも魅力的です。

 

閉めた状態では、一枚布になるため、生地の素材や柄そのものを見せたいときにもお勧めなので、

大胆なインテリアコーディネートも可能です。

 

しかし、厚手なものなど、カーテン生地によってはプレーンシェードの作成にむかないものもあるので注意しましょう。

 

プレーンシェードの一番のメリットとは、開けると天井付近に小さくたたまれ、

閉めたときは平面になり壁と一体化するので、どちらの状態でも、

カーテンと比べると部屋がすっきりとした感じになることです。

 

また、左右に開閉するカーテンと違って、上下に動くので、シェードの高さによって

日差しの入り方を調節することが出来ます。

 

デメリットはあまり大きな窓では、生地によっては重くなってしまうことです。

その場合は、2連、3連と分けてつかうことによって開閉が楽になります。

掃き出し窓にシェードをつけると上にあげた際に生地のたまりがかなりできてしまいます。

決して見栄えはよくないので注意してください。

 

カーテンとシェードをバランスよくうまく組み合わせましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. IKEAカーテン
    家具や雑貨で大人気のIKEA(イケア) スウェーデン発祥の巨大インテリア専門店です。 インテ…
  2. ikea
    IKEA(イケア)のオーダーカーテンって評判良い? スウェーデン発の世界的企業IKEA。 小…
  3. カーテンバリュー
    通販でお勧めのカーテンバリューの口コミと評判は? カーテンを通販で購入するならおすすめはカーテ…
  4. カーテン 選び方
    沢山カーテンがありすぎて選べない・・・・そんな際は 膨大な数があるカーテンを選ぶ際、まずは理想…
  5. ニトリ
    新生活に欠かせないカーテン。 お引越し時には絶対にないと困るアイテムがカーテンです。 と…
  6. FV166_L
    今までで何回カーテンを購入したことがありますか? カーテンの平均単価はご存じですか? …
  7. rale
    新築一戸建ての場合、カーテンだけを選んでも取り付けることはできません。 当たり前のことですが、カー…
  8. tategata
    今、縦型ブラインドが大流行です。 以前は業務用としてオフィスなどで使用されることが多かったバーチカ…

最近の投稿

ページ上部へ戻る